甲状腺を診てくれる東京の病院の特徴

ホルモン異常からいろいろな病気が起こりますが、女性に多いと言われているのが甲状腺の病気です。喉ぼとけの下にある甲状腺は「刺激ホルモン」の刺激を受けることによって、エネルギー代謝や発育に関わるサイロキシンやトリヨードサイロニンなどのホルモンを分泌する仕組みです。ホルモンが過剰になると倦怠感や手指のふるえ、動悸や多汗などの腺機能亢進症が起こります。反対にホルモンが減少すると、むくみや皮膚の乾燥、寒がりや肥満などの機能低下症の症状が現れることが多いです。初期段階において自覚症状が乏しいので、他の症状で受診することから病気であると気付く人も多いでしょう。東京にはいろいろな病院がありますが適切な診断を受けることができ、問診や触診、超音波や血液検査などによって診断することが可能です。

ホルモンが過剰分泌すると言われています

機能亢進症の代表的な病気として、バセドウ病があげられます。20~30代の女性に多い特徴があり、遺伝的要素やストレスといった外的要素が発病に関係していると言われています。直接的な病因は何かしらの原因から異常に刺激する抗体であるTSH受容体抗体が作られることから、刺激し続けられる結果ホルモンが過剰分泌するという自己免疫疾患であるとされています。特徴的な症状として眼球の突出や頻脈、首の腫れやむくみなどがありますが、食欲旺盛なのに痩せたり心臓がドキドキしたりすることもあります。手指がふるえたり暑がりになったり、異様に汗をかくといった症状が多く、病気の進行に従っていろいろな症状が現れるので注意が必要です。病気で自覚していない人が多いので、周囲の理解を得られなかったり人間関係の摩擦などに悩む人も多いでしょう。東京には親身になって相談にのってくれる病院があるので、不快な症状を改善することができます。

早めに受診すると適切な治療を受けられます

酷くなるとしこりが現れたり、むくみが酷くなることもありますが、治療法として抗甲状腺薬を内服する治療や、甲状腺の一部を切除するという手術療法などがあります。放射性ヨードを服用するアイソトープ療法などもあり、いずれの治療法もメリットやデメリットがあげられます。東京にはいろいろな病院がありますが、基本的に事前にカウンセリングを受けることが可能です。カウンセリングにおいて患者の体質や病気の状態などを詳しくヒアリングし、インフォームドコンセントにより最適な治療方法を選択してくれるでしょう。この病気は完治しないという病気ではないので、何かしら体の不調を感じたら、早めに受診し適切な治療を受けることをおすすめします。妊娠中の人や妊娠を希望している人も通院していて、気軽に相談することが可能です。